有機合成関連装置

マイクロ波反応装置(ウェーブプロ)

GPS-1000・1000C型


総合カタログ(PDF)
デジタルカタログ
外寸法図(PDF)
アプリケーション
ノート(PDF)

製品動画
EYELAMOVIE

GPS型

マイクロ波の熱的効果と非熱的効果の比較・検証実験に

GPS-1000C型システム
構成:GPS-1000C型(本体)、反応容器セット、センサ他、冷却水循環装置CCA-1112A型
※ノートパソコンは付属します。

►►►製品動画 EYELACHANNELで公開しています。
(音声入り)加熱・冷却が可能なアルミブロック恒温槽を搭載したマイクロ波反応装置のご紹介


こちらをご覧ください。

製品の特長
複雑な合成反応の比較・検証に

 

新開発の加熱・冷却が可能な伝送線路型アルミブロック恒温槽一体型導波管(PAT.P)を搭載マイクロ波発振器によるシングルモード(TE10)の進行波を利用することにより、マイクロ波の吸収による定量的な高速加熱を実現しました。マイク口波の「熱的効果」「非熱的効果」を分けた検証実験が行なえます。

従来型のマイクロ波加熱は、定在波によりホットエリアが発生し、化学反応の精密温度制御や連続的な照射ができませんでした。GPS型のマイクロ波は、進行波により定量的なマイクロ波照射・加熱を行なうことができ、加熱・冷却が可能なアルミブロック恒温槽により、ホットエリアの問題や周囲温度に左右されない精密温度制御が可能です。

 

従来のマイクロ波装置との違いは?

従来のマイクロ波反応装置は効率的に加熱するための装置ですが、
GPS型は「マイクロ波効果」の比較・検証が行なえる装置です。

「マイクロ波効果」とは?

マイクロ波の照射を行なうと短時間で反応が終り、収率が向上することが
知られていますが、実際にマイクロ波のどのような作用によるものかは未
解明の部分もあります。現在、マイクロ波には@Aのような効果が想定さ
れています。

① [熱的効果]
電子レンジのような誘電損失による溶媒の高速昇温や均一加熱など
② [非熱的効果]
双極子相互作用による遷移状態の変化やイオンの振動効果など

マイクロ波の吸収を計測・反応進行状況をリアルタイムでモニタリング

 

 

熱量制御時にはマイクロ波吸収測定値の変化から反応熱を分離し随時計算することにより、高速なマイクロ波反応の反応進行状況(反応率)をリアルタイムでモニタリングできます。

CCDカメラを搭載(GPS-1000C型)



反応状態の観察・撮影をパソコン画面から行なえます。撹拌状態の観察、相変化や色の変化を伴う反応の画像を記録できます。(加圧容器では使用できません。)

オプションの光ファイバー温度センサにより混合溶媒の沸点を自動検知し、
最適な還流条件での自動制御を可能に



還流制御を使用して、通常の加熱還流とマイクロ波による加熱還流の比較実験が行なえます。混合溶液の加熱蒸気を凝縮し還流またはディーンスタークトラップにより脱水します。予め設定されたアルミブロック恒温槽温度(外温)と反応温度(内温)との温度差を最適に制御することにより、反応ロスを削減し反応濃度を維持します。

定量的照射、再現性、精密温度制御

マイクロ波から熱(ホットエリア)の影響を排除し、マイクロ波の連続照射をしながら、反応温度(50℃)での精密な制御が可能です。

 

 

条件:設定温度 50℃、恒温槽温度 20℃、マイクロ波出力 自動調節
※反応温度を制御するためにマイクロ波出力は可変(熱量モード)

反応温度とマイクロ波出力の両方を設定値に維持

マイクロ波を一定出力照射しながら、反応温度を維持できます。同一温度条件でマイクロ波のあり・なし、強弱の比較実験が行なえます。

 

 

条件:マイクロ波出力 100W、設定温度 90℃、恒温槽温度 自動調節
※反応温度を制御するために恒温槽温度は自動調節(内温モード)


製品情報
製品をさがす
新製品情報
営業所一覧
営業所を探す
代理店一覧
代理店を探す
会社情報
会社概要
テクニカルサービス
アイラ テクニカル・サービス
サポート
カスタマーセンター
カタログのご請求
関連リンク EYELA(USA) EYELA(English) EYELA(CHINA)